ご利用料金について

①+②の総額を請求させていただきます。
それぞれのご家庭によって、ご負担いただく額が異なります。

横浜市 利用者負担の仕組みのページ

厚生労働省 障害者福祉:障害児の利用者負担のページ

詳しくは面談時にご説明させていただきます。

①施設利用料

児童福祉法にもとづき、1日約1,000円の自己負担があります。
※受給者証に記載された上限額を参照してください。

②実費負担分

おやつ代
(1日200円)

室内にある自動販売機で、好きなジュースを1本購入します。
事前に伺った好みを参考に、おやつを提供します。
食べられない場合はお持ち帰りいただくか、食べられるものを別途用意させていただきます。

昼食代
(希望者のみ300円、外食等の場合は実費)

お弁当を持参していただくことも、もちろん可能です。
電子レンジで加熱することも可能ですので、耐熱用のお弁当箱をご用意ください。

食事は買い物・下ごしらえから活動の一環として、お手伝いが可能な方は一緒に取り組んでいます。
メニューは出来る限り聞き取りをしておりますが、必ずしもご希望に沿えない場合もありますので、ご容赦ください。

どうしても苦手なメニューだった場合は、近隣で購入する場合もございますので、ご理解くださいますようお願いいたします。

創作活動の材料費
(希望者のみ)

特別な材料が必要な場合で、作品を持ち帰った場合、費用をいただく場合があります。
一般的な事務用品を使っても、特に費用はかかりません。

夏期・冬期の外出企画の際の入場料・食事代
(希望者のみ)

外出企画の際にかかります入場料・食事代はご負担いただきます。

Posted by wpmaster